«  2016年1月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2016年1月28日


こんにちは、受付の佐藤です^^

みなさん先週は大寒波で凄く冷えましたが、
体調は崩していませんか?

私事ですが、大寒波の前の週に体調を崩しかけましたが、
体をあったかくして、栄養をちゃんと取って睡眠も取って
無事ダウンせずに回復しました!!

毎日お忙しい方も手洗いうがい、規則正しい生活を目指して
風邪知らずな健康体でいたいですよね^^

今回のブログ内容は、
「歯の損失と認知症の関係」についてです。

近年、認知症の高齢者が増加傾向にありますが、
噛める歯を維持する事で認知症の予防に効果がある事が、
最新の研究調査で明らかになっています。

「歯を失うと認知症リスクが2倍になる!?」
これは、厚生労働省が、噛む能力が弱く、かかりつけの歯医者さんが
無い人の程認知症になる確率が高くなる研究結果を発表しました。

歯が20本以上残っている人に比べて、
歯が数本で入れ歯を使わない人の認知症リスクは
1.9倍に、かかりつけ医院のある人に比べて、
無い人の認知症リスクは1.4倍になるそうです。

「歯を一本でも残す努力が認知症を予防する」

歯を失う最大の原因は歯周病ですが、
その原因となる歯周病菌は、歯みがきだけでは
取り除く事ができません。
歯を一本でも残して認知症を予防する為に、
かかりつけの歯医者さんで歯のクリーニングや
定期的なメンテナンス、検診を受けましょう。
もし、歯に以上を感じたらそのまま放置せず、
受診することをお勧めします。

たかま歯科では、高齢者の歯周病治療と
定期的なケアに力を入れていますので、
何かお困りごとがあれば、ご来院下さい^^

入れ歯治療


2016年1月25日

こんにちわ!衛生士の浦田です。
西日本で大変な量の雪が降りビックリしましたね。
大阪はいつも通り無事でしたが、冷え込みとても寒い週末でしたね。

みなさん歯間ブラシは使われていますか?
歯ブラシ以外に糸ようじ、フロス、歯間ブラシなどさまざまな清掃道具が
販売されています。
歯ブラシだけの口腔ケアは汚れが60%しか取れません。
なのでいろいろ使ってケアをして頂いていると思います。

しかし誤った使い方をすると歯を守ろうと頑張っている行為が、
歯ぐきを傷つけ、歯ぐきを下げてしまう原因にもなります。

今一度正しい使い方をされているか確認してみませんか?

    〜誤った使い方〜
①歯間ブラシのサイズが正しくない。
歯間ブラシには大きさがあり歯と歯の間の隙間の大きさによって変えて
頂かないといけません。

②歯間ブラシを無理な通し方をしている。
せっかく綺麗に引き締まっている歯ぐきに無理な歯間ブラシの通し方をされると
歯と歯の間に大きな隙間が出来てしまいます。


歯間ブラシはあまりおすすめできません。

    〜歯間ブラシの正しい通し方〜

①自分のサイズにあったものをお使いください。
②歯間ブラシが通らないようであればフロスを通すようにしてください。


些細な間違いが大きな問題になる事もあります。
清掃用具もきちんと自分にあった物を使われるだけで、
効果的な清掃が出来るようになります。

衛生士が責任もって皆様のお口の状態にあった物を勧めさせて頂きますので、
いつでも気軽にお声掛け下さい。


2016年1月23日

こんにちは!衛生士の浦田です。
大寒波到来で大阪も今年初の雪が積もるかもしれませんね。
今日と明日はゆっくりと過ごそうと思います。

今年はオリンピックの年ですね。
サッカーもリオオリンピックに向け負けられない試合が続きますね。
サッカーの試合を見ていると歯並びの綺麗な選手が多いなと思います。

スポーツと歯並びって関係ないと思っていませんか?
歯並びはスポーツ選手にとってとても大切です。
① 力が入るので強い歯でないと力めない
② むし歯があると集中できない。
③ 口で息するので呼吸がしんどい 
など歯はスポーツに関係ないようでとても重要な部分です。
体が健康である事はスポーツ選手が長く続けられるのと一緒なんですね。

お子様の歯並び気になりませんか?
たかま歯科では子供の歯並びも重要視して
"20歳でむし歯0""200運動"
を実施しています。
定期的なメンテナンスで大切なお子様の歯を一緒に守りましょう。



2016年1月22日


こんにちわ^^
受付の佐藤です。

今週はすごく冷えて、
週末には日本全国冷え込む予報になっていますが
みなさま防寒対策はできてますか?

体調にも気をつけて頂きたいですが、
道路も凍結して滑りやすくなっていたりするので
外出時にも気をつけて過ごさなくてはいけないですね!

今回は、高齢者のご家族がいらっしゃる皆様に
特にお伝えしたい内容です。

高齢になるとお口の状態が変化し、むし歯や歯周病になりやすくなります。
これまで歯の健康に自信があった方でも、
知らないうちに症状が悪化して、削る・抜く等の処置となり、
大きなショックを受けられることがあります。

例えば、このような症状がありませんか?

・歯ぐきが下がってきた

加齢や歯周病、歯ブラシのこすり過ぎ、歯ぎしりが原因で歯ぐきが下がると、
歯の根元がむき出しになります。
根元はエナメル質という鎧が無いため、むし歯になりやすく、
知覚過敏を引き起こしやすくなります。

・口の中が乾く

加齢や薬(降圧剤や高パーキンソン病など)の副作用で
唾液の分泌が減ってきます。唾液には口の中の洗浄・殺菌作用があるため
唾液量が少なくなると、むし歯や口臭が発生しやすくなります。

・口の中がにおう

口臭は、唾液分泌の低下、歯周病、磨き残しによる口腔環境の
悪化が主な原因です。特に入れ歯やブリッジ、歯の喪失が
混在していると食べカスが残り不衛生になりがちなので、
適切なケアが必要となります。

・歯ぐきが腫れやすい

お口のお手入れ不足や、唾液の分泌量が減って
口腔内の自浄性が低下すると、歯肉の炎症(歯周病)が
起きやすくなります。
放っておくと症状が悪化して歯が抜け落ち、
正常な食事ができなくなります。

では、高齢者に多い歯の病気とは?

・根面う蝕

歯の根面にできるむし歯です。
歯の表面はエナメル質という硬い鎧で
守られていますが、根元にはそれはないため、
むし歯になりやすく進行も早いです。
これは、75歳以上の方で約6割の方が発症しています。

気付いたときには歯が折れることもありますよ!

・歯周病

露出した歯の根元に歯垢などの汚れが付着し
炎症がおきます。気付いたときには歯がグラグラで
抜けてしますことも少なくありません。

歯を失う最大の原因となっております。

当院では、高齢の方のむし歯や歯周病のリスクを減らす処置を行っています。
ずっと自分の歯で食事が出来るよう、定期的なメンテナンスに通院しましょう!


来月のバレンタインイベントは、
2月13日(土)、15日(月)の
二日間で行う予定となりました!
歯医者さんが作ったキシリトール入りのチョコレートを
準備してお待ちしております!^^

予防歯科


2016年1月15日

こんにちわ^^
受付の佐藤です!

最近は大阪でも冷え込む日が続いていますが、
体調は崩されていませんか?

今回は、お子様の免疫力を高めることにも繋がる
矯正治療について書かせて頂きます。

お子様の歯並び、見た目的にも気になるという方は
いらっしゃると思います。

最近のお子様の傾向として背が高く、足は長く、
小顔になってきたと言われており、
あごの骨が小さくなっても歯の数や歯の大きさは変わらないため、
歯が正しい位置にどうしても生える事が出来ず、
噛み合わせや歯並びが悪いお子様が増えてきました。

お子様にお勧めする矯正治療とは、
乳歯と永久歯が混在している時期に行う治療です。
あごの成長や歯の生え替わりに合わせて
治していくことができるため、大切な永久歯を抜かずに
治療出来る可能性もあり、装置も簡単な物で済み、
費用も安くなる場合が多くあります。

矯正治療のメリットとしては、

・口元などが美しくなる
・よく噛めるようになる
・歯の病気になりにくくなる
・唇が閉じやすくなる
・発音がしやすくなる

その他

・あごを拡大することで免疫力が高まり、
 風邪を引きにくくなる
・顔の形が整う
・姿勢が良くなる
・体調がよくなる
・持久力や集中力がアップする

お子様の矯正治療をお考えの方は、
前歯の生え変わりが始まる頃までに矯正相談を受けましょう。

お子様に合わせた矯正治療を行います。

八重歯や出っ歯など、ひとりひとりお口の状態は異なります。
そのため当医院では、お子様にとって最適な矯正治療のプランを
立てるため、専門的な検査・分析を行いながら
お口の状況をじっくり診させて頂き、矯正治療の方法、
装置の種類、治療期間や費用など、気になる点、不安な点など
全てご説明致します。お気軽にご相談下さい。

たかま歯科では、毎月第一土曜日に矯正治療相談会を
行っておりますの、学校やお仕事等で忙しいかたも
ご相談を承っておりますので、お電話下さい^^

もちろん、土曜日以外の相談も受け付けております。

来月はいよいよバレンタインデーですね・・

たかま歯科医院でも
バレンタインデーイベントを行います!!

詳しい内容はまた次回のブログで書きます^^

お楽しみに! 

矯正治療



2016年1月13日


あけましておめでとうございます。
新成人の方おめでとうございます。
衛生士の浦田です。
成人の日はいいお天気に恵まれ素敵な1日になったと思います。

大人になるといろいろと変化があり、
私は社会人になって初めて大人って大変だと感じております。
嬉しい反面、社会貢献する大人としての行動がとても大切ですね。

今月のたかま歯科課題図書は
茂木健一郎先生の「頭は本の読み方で磨かれる」です。

みなさんは本を読まれますか?
ジャンルは偏ってませんか?

本をたくさん読まれる方程、知識の引き出しが多いので
話をしててとても楽しいなと思います。

この本の中に
「知っている事と知らないのとでは、いざ自分の身に思いもよらないことが
降りかかってきたときの対処の仕方に大きな差が出る。」とありました。

1冊の本から世界を感じたり、その人の人生を知る事が出来ます。
そして自分の軸となる本 "カノン" を見つける事で自分のストーリーを作る事が出来ます。

たくさんの本から自分の人生をより豊かにする道しるべが見つかるかもしれません。

私はこの本から本を読み意味を学べ、本を読む楽しさを見つける事が出来ました。
医院にあるので興味のある方はぜひご覧下さい。

41xwIttF4RL._SX337_BO1,204,203,200_.jpg


スタッフ紹介


2016年1月 8日


あけましておめでとうございます。

今年も宜しくお願い致します。

たかま歯科医院スタッフ


今年初めての更新致します、受付の佐藤です^^

皆様年末年始いかがお過ごしでしょうか。
お仕事も始まり忙しくされて、
1月から、また心機一転お口のケアも頑張っていきましょう!!

今回の内容は、
年末年始にも崩れてしまった方も多いのでは無いでしょうか?

むし歯治療は「生活習慣の改善」から始めた方が良い!
という事について書きたいと思います。

むし歯治療の前になぜ生活習慣の改善から始めるのか?

それは、生活習慣が改善された後にむし歯治療をすると、
こんなに良い事があるからです^^

●むし歯の再発を予防できる

●むし歯をよりきれいに削りやすい

●かぶせ物や詰め物の適合がよくなる

●かぶせ物や詰め物が長持ちする

●被せものや詰め物がより自然に、美しく装着できる

●歯周病による出血や膿でむし歯の治療が阻害されない

●根っこの治療などの治りがスムーズになる

こんなに良い事があるなら、
今のうちに崩れた生活習慣を立て直して
スムーズに治療できたら良いですよね^^


予防歯科


« 2015年12月 | メイン | 2016年2月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

たかま歯科医院 院長 高間悟
たかま歯科医院
院長 高間悟

【経歴】
昭和63年大阪歯科大学卒業
平成4年大阪市西区開院
平成11年6月 当地に開院

■大阪府歯科医師会員
■日本審美学会会員
■日本感染症学会会員
■清歯塾会員
■デンタルルネサンスクラブ会員
■ITI study club 会員
■ビムラー矯正会員
■歯周内科学会員

ホワイトニング