«  2015年11月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2015年11月24日


みなさん こんにちは
衛生士の長畑です


今月の読書感想2冊目の報告です


涙の数だけおおき.png


題名「涙の数だけ大きくなれる」
著者 木下晴弘


"人間とは、みんなで生き、ともに成長し、ともに助け合い、
ほかの人の役に立ち、それが嬉しくて、生きていてよかったと感じる生き物"


毎日の生活の中で中心となっている仕事ですが、
時には行き詰まってしまう時もあります


そんな時にぜひ読んでもらいたい一冊です


「君は一人で大人になったんじゃない。
お父さんや、お母さんやいろいろな人に支えられて大人になったんだ。
そして、これからも、自分の一人の力で一人前になるのではないんだ。
お客様やスタッフや、いろいろな人たちとの出会いの中で、
一人前の社会人にならせていただいたんだよ。」


「自分が何かをする、行動するというのは、
誰かがそれによって助けられていることになります」


こんな言葉たちがこの本のなかで綴られていました


今自分の環境がどれだけ幸せで恵まれているのか、
そしてもっと自分の周りの人に感謝しなければいけないと
再確認しました😊


ありがとうございました😃


たかま歯科医院



2015年11月20日

こんにちわ、受付の佐藤です。

今回は、
「あいうべ体操」について書きたいと思います^^

まず、「あいうべ体操」とは、
その名の通りあいうべの顔、口の形をして
様々な病気になりにくくなるというものです。

たかま歯科としての目的としては、
口呼吸を鼻呼吸にすることで
ウイルスや感染から体を守ることができ
強い体作りができるというものです。

もちろん、鼻呼吸になると小児のうちでは
歯並びも改善されますし、集中力もあがるので
成績もアップする事が期待できます!

大人の方にも、顎関節症で悩まれている方に
お伝えしているストレッチ方法が
この「あいうべ体操」です。

発案した、今井一彰先生の最近の記事では
記者との対談で、
「あいうべ体操」によって小学校で
インフルエンザが減ったという
テレビ報道もありましたし、アトピーやリウマチなどにも
効果を出していると聞きましたが。という問いに対して、

始めは、どうにかして口を閉じさせたかっただけなんですけどね。
口にサージカルテープを縦に貼り、
睡眠時の口呼吸を防ぐ「口テープ」なども、
その一環でした。
でも、そのうち痔が治ったとか、アトピーが改善したとか、
インフルエンザにならないとか、そんな話が寄せられるようになって。
僕自身が驚かされました。

僕だから出来るのではなく、誰にでも簡単にできる事だし、
誰がやったっていい。
簡単だからこそ、広がるのだと思っています。


たかま歯科医院でも、皆様にお伝えしている
「あいうべ体操」、様々な利点があるので
ぜひ実践してみて下さい^^


あごの痛み


2015年11月17日


こんにちは😊
衛生士の長畑です


今月の読書感想の報告です


題名「幸せの法則」
著者「望月俊考」


幸せになるための法則が
何項目も書かれていました


☆与える事は受け取る事
ブーメラン4つの法則
・同じ相手から直ぐに帰ってくる
・違う相手や出来事で返ってくる
・時間差で返ってくる
・与える事、それ自体が幸せ


☆自分も相手も幸せになる魔法の言葉
「神様ナイス」
か 感動するね
み 見事だね
さ さすがだね
ま 真似したいね
な なるほど!
い いいですね!
す 素晴らしいね!


この本を読んで
最も影響を受けた言葉と文書が、


☆人生の七変化
心が変われば態度が変わる
態度が変われば行動が変わる
行動が変われば習慣が変わる
習慣が変われば人格が変わる
人格が変われば運命が変わる
運命が変われば人生が変わる


この言葉を
弟の誕生日にメールで送りました笑


学んだ幸せの法則を
忘れずに、実行し行動し
人生が幸せだったなとおもえるものにしたいです😊


ありがとうございました😃


たかま歯科医院


2015年11月12日


こんにちは、受付の佐藤です^^

今回で秋のお野菜は最後となります!!

まず始めは、春に出回るイメージのある

「ブロッコリー」

ブロッコリーはビタミンC、2、E、K、U、
カロチン、鉄、食物繊維などが豊富で野菜の中でもとくに、
栄養バランスに優れている食材なんです!


効用として、
ガンの予防(ルティンというカロチンに抗がん作用が。
また解毒酵素をつくるサルファルファンという成分もあります。)

ビタミンC、Eで、細胞の老化防止。

鉄分があり、さらに鉄分の吸収を高めるビタミンCも豊富なので、
より鉄分を摂取できます!!


一言メモとして、
ゆでた後は水にさらさない方が良いそうです。
灰汁も少ないので、水にさらすと、
栄養成分が損失するし、うまみも減少するそうです。

茎(芯)の方が、ビタミンCが多いそうです^^


次は、「にんじん」

栄養素として、βカロチン、カリウム、鉄。

βカロチンはガンの予防に効果があり、
お野菜の中でもトップクラスの抗酸化力があるそうです。

(βカロチンで、がん細胞の原因となる活性酵素を抑えるそうです)

一口メモは、にんじんにはアスコルビナーゼという
ビタミンC破壊酵素が含まれているので、生で食べると、
せっかく取ったビタミンCがムダになってしまいます。
生で食べるときは、酸に弱いので、
レモン汁や酢を加えてこの酵素の働きを抑えると良いそうです。


季節のお野菜をおいしく、さらに健康的に
頂けたらもっと嬉しいですよね^^

もちろん噛む事も大切なので、
出来るだけ食感を残した調理方法や
しっかりお食事できる方には大きめに切った具材で
噛む力もつけて下さいね!!

顎が痛い



2015年11月10日


こんにちは😊
衛生士の長畑です


朝晩は肌寒くなってきましたね!
わたしは暑がりなので、今の季節がピッタリです!笑


先月の読書感想は、


題名「素直な心になるために」
著者「松下幸之助」


素直.png


松下幸之助さんは
経営の神様と呼ばれた
松下電器産業創業者の方です😊


素直な心になれば、危機に直面してもこれを
チャンスとして受け止め、「禍を転じて福となす」
こともできるようになる


仕事や、人生の歩みにおいても、ときに非常な困難、
危機ともいうべき局面にぶつかることもあろうと思います


そして、そうした難局に直面した場合、
人によってはそれに負けてしまい、
ゆきずまってしまうような姿もあるけれど、


その反対にそれを一つのチャンスとしてとらえ、
努力を注いで取り組んだ結果、
その難局をのりこえるばかりなく、
むしろ発展を築くことができる!


「=ピンチをチャンスに変える」


素直な心とは
・私信(エゴ)にとらわれない
・耳を傾ける
・寛容な心をもつ
・実相がみえる
・道理をしる
・すべてに学ぶ心
・平常心
・価値を知る
・広い愛の心

素直な心を養うためには
・強く願う
・自己干渉
・日々の反省
・つねに唱えあう
・自然と親しむ
・先人に学ぶ
・常識化する
・忘れないための工夫

素直な心の応用
・なすべきをなす
・思い通りになる
・こだわらない
・日に新た
・禍を転じて福となす
・つつしむ
・和やかな姿
・正邪の区別
・適材適所の実現
・病気が少なくなる


この本で自分いかに素直ないところがあるか
反省しました


「素直な心」のもつ大きな効用を
自分のものにしてもっともっと素晴らしい人間に
なりたいとおもいました😊


ありがとうございました😃


たかま歯科医院



2015年11月 5日


こんにちわ、受付の佐藤です^^

また今回も、季節の野菜の効能について書きたいと思います。

最初に、「ごぼう」。

みなさんもご存知と思いますが、ごぼうには
食物繊維がたくさん含まれています。

その食物繊維(リグニン)には、
便秘の解消、大腸がんの予防にも効果があります。

その他にも栄養素として、炭水化物の(イヌリン)。
こちらは血糖値の上昇を抑え、糖尿病の方にお勧めです。

独特の歯ごたえのもと、炭水化物のイヌリンが
血糖値の上昇を抑える効果があるようです。

イヌリンは、利尿作用や腎臓の機能を高めるそうです。


次は、「春菊」。

春菊は、独特な風味で苦手な方もいらっしゃいますが、
たくさんの栄養素が含まれているんです!

主に、カロチン、ビタミンB1、B2、E、カルシウム。

春菊を食べると効用として、
胃腸の働きを高めたり、胃もたれの解消にも。
鉄分も入っているので貧血が気になる女性の方にも!

だんだん寒くなってきているので、お鍋をする機会もありますよね。

そのときに、肉や魚の入ったお鍋にすると、動物性食品の脂質の働きで、
βカロチンの吸収が高まるそうです。

なおかつ、鉄分はビタミンCと一緒に取ると吸収が高まるそうなので、
春菊をサラダにして、レモンを搾るとか、鍋物のつけだれに、
ゆずやすだちなどの柑橘類を添えるとよいそうです!!

最後に「きのこ」。

栄養素は、ビタミンB1、B2、D、食物繊維が入っています。

きのこは、ダイエットにオススメ。
超低カロリーで、食物繊維が脂肪を排出する働きをするようです。

そして、ガンの予防にも。
βグルカンという成分が免疫力を高める効果があるそうです。

種類としては、

まいたけ
カリウムがしいたけの2倍以上あるそうです。

マッシュルーム
ビタミンDのエルゴステリンがカルシウムの吸収をアップする。

しめじ
必須アミノ酸のリジンを含み、血中コレステロールを減らし、
肝機能の働きを高める効果がある。

えのきだけ
ビタミン1の含有量がきのこの中でトップ。

椎茸を調理する前に、カサの裏を上にして日光にあてておくと、
うまみが増します。


今回も、秋の味覚、お野菜についてご紹介致しました。

旬のお野菜を食べて健康に過ごしましょう!


また次回も更新します^^


« 2015年10月 | メイン | 2015年12月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

たかま歯科医院 院長 高間悟
たかま歯科医院
院長 高間悟

【経歴】
昭和63年大阪歯科大学卒業
平成4年大阪市西区開院
平成11年6月 当地に開院

■大阪府歯科医師会員
■日本審美学会会員
■日本感染症学会会員
■清歯塾会員
■デンタルルネサンスクラブ会員
■ITI study club 会員
■ビムラー矯正会員
■歯周内科学会員

ホワイトニング