«  2015年7月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2015年7月30日

こんにちは、受付の佐藤です。

最近は梅雨も明けて、夏真っ盛りの熱い毎日ですが、
クーラーのつけっぱなしで体調は崩していないですか?

夏バテにも気をつけていきたいですね。

今回も歯の豆知識に付いて少しお話しさせて頂きます^^

今回は、どの医院でも流れている「音楽」について。

歯科医院の待合室や治療室に流れる心地よい音楽は、
気分を落ち着かせ、痛みを和らげる役割も果たしています。
1550年頃、ボストンの歯科医師ウォレス・J・ガードナー博士が
治療中に音楽を聴かせたところ、歯の痛みが和らぎ、麻酔さえ必要なく、
抜歯もスムーズに行われたと報告しています。

また、フランスのトマティス博士は、モーツァルトを聴くと
心が穏やかになり、病気さえ回復に向かうことを実証しました。

彼の音楽は、非常にシンプルで親しみやすいうえ、深く神秘的だからだそうです。
晩年のモーツァルトは歯痛に悩まされていたとか。

痛みを和らげる音楽を生みだしたモーツァルト自身が、
歯の痛みに苦しめられていたとは皮肉なものですね。


今回は、「音楽」についてでしたが、いかがでしたでしょうか。

また次回の更新もご期待下さい^^


2015年7月28日


こんにちは!


衛生士の長畑です😊


先日
デンタルショーへ参加してきました😊


デンタルショーとは
歯科材料がたくさん紹介されている歯科セミナーです


新しいものがどんどん出てくるので
私たちもいつもとても楽しみで参加させてもらってます😊


患者さまに
いろんな説明、紹介できるようたくさんお話を聞いてきました!


何か気になってることがあれば
またお声かけてください😊!

たかま歯科医院



2015年7月24日

みなさんこんにちわ、受付の佐藤です。

最近は台風も多く晴れたり雨だったり
天候が変わりやすいですね。
元気にお過ごしでしょうか?

今回の歯の豆知識は、「抜けた歯について」

抜けた乳歯をどうするか。
国ごとにさまざまな言い伝えや風習があります。

日本を含めアジアでは、上の歯は縁の下に、下の歯は屋根へ
放り投げるという習慣があります。
新しい歯は、古い歯がある方向にのびると信じられているからです。

一方、米国、カナダ、イギリスなどでは夜眠る時、
枕の下に抜けた歯を入れておくと、"歯の妖精"がやってきて、
抜けた歯を持っていき、コインと交換してくれるという言い伝えがあるとか。
チリとコスタリカは、かなりユニーク。
抜けた歯をイヤリングにして身につけておくそうですよ。

国が違っても、歯の健康を願う気持ちは世界共通なんでしょうね。


今回の豆知識はいかがでしたでしょうか?


また次回の歯の豆知識の更新をお楽しみに!^^


2015年7月21日


梅雨も明け
すっかり夏らしいお天気になりましたね


熱中症には気をつけて下さいね!


先日私たちの大好きな
院長先生のお誕生日でした😁


前日には、スタッフの小林さんも
お誕生日でした!


おめでとうございます♡


先生には真っ赤なパタゴニアのTシャツを
プレゼントしました☆
先生気に入ってくれましたか?
着て来てくれるのを楽しみにしています!


IMG_8841.png


たかま歯科医院


2015年7月17日

こんにちは、受付の佐藤です。

本日は台風の影響でお天気も荒れ模様ですが、
みなさまお元気にお過ごしでしょうか?


今回は歯の豆知識第三回。
「咀嚼(そしゃく)」の大切さについて買い手以降と思います。


女王卑弥呼の生きた時代の人々は、一食あたり3990回
食べ物を噛んでいたとか。
現代人の平均620回と比べると、なんと6倍以上です。

噛む回数が少ないと、歯並びが悪くなり、
虫歯や歯周病の原因にもなります。

忙しい現代人は、ファストフードなどで急いで食事を済ませ、
噛まなくなっている傾向にあるのです。

そこで1990年、噛む事の大切さを考えるために発足した「日本そしゃく咀嚼学会」では、「卑弥呼の歯がいーぜ」という標語を紹介しています。


ひ=肥満防止
み=味覚が発達
こ=コトバがはっきり
の=脳が発達
は=歯の病気予防
が=ガンの予防
い=胃の働きを良くする
ぜ=全力投球


よく噛んで食べることは、健康の源。
もちろん、歯みがきも忘れずに。

次回の、歯の豆知識もご期待下さい♩



2015年7月13日


みなさん こんにちは
先週から蝉が鳴出し、すっかり夏になりましたね
夏が大好きな私はワクワクしています😁


さて、今月の課題図書
1冊目の報告をしたいと思います


3a3fa582.png


題名 あなたの人生を変える感動の条件
著者 永松茂久


人は自分の大切な人のためなら頑張れる
そして、人のために行動する事は自分のためにもなる


「for you」「誰かのため」


自分がした事で、
相手に喜んでもらえたら、なにより嬉しいです
むしろ、相手より喜んでいるかも知れません 笑


「for you」の精神で
「今、自分ができること」
をやっていきたいと思います


たかま歯科医院


2015年7月 8日


みなさん こんにちは!長畑です!
台風が近づいてきているようなので
気をつけてくださいネ!!


先月の読書感想を報告したいと思います


01721-0-thumb-208xauto-23047.png


題名 「伝え方が9割」
著者  佐々木圭一


著者はコピーライターの佐々木圭一さん


どう伝えれば相手の
「ノー」を「イエス」に変えることが出来るか


相手の心を動かす強いコトバをつくるそうです
①サプライズ法
②ギャップ法
③赤裸裸法
④リピート法
⑤クライマックス法


相手が動くのは心が動いたときで
相手の心に働きかけるのが大事


色々な本をわたしも読んできましたが、
この本にはテクニック、ノウハウ、方法がたくさん
書かれてありました!


なるほど!と思いながら
読み進めていくことができました


私は人とお話する事が
すごく好きなので、活かせていきたいと思います


2もあるみたいなので、
早速読んでみます♡

たかま歯科医院



こんにちは、受付の佐藤です。

今回は、歯の豆知識は『歯にかかる重さ』について
お話し致します。

まず、歯には噛むときに重さがかかっています。
食べ物で例えると、おせんべいは10キロ、フランスパンは30キロ
歯ぎしりが60キロから80キロと言われています。

歯ぎしりにはこれだけ強い力がかかっているのですから、
歯が欠けたり折れたりしても不思議でありません。
また、歯がグラグラしたり、アゴが外れたりすることもあるそうで、
歯ぎしりを軽視していると大変な事になります。


そして歯ぎしりには三つの「型」があるそうです。
歯をすりあわせるギシギシ型、食いしばるガリガリ型、
カチカチ音を鳴らすカチカチ型。

ギシギシ型は虫歯の詰め物が合わない事が主な原因、
ガリガリ型はストレス、カチカチ型はその二つの原因が重なって
発生するそうです。

今回の豆知識はいかがでしたでしょうか?

また引き続き更新していきたいと思います!^^


2015年7月 7日

たかま先生とセミナーへ行ってきました。
早朝から夜まで東京でしっかりたかま歯科医院向上のため
学んできました😊

会場 東京ビックサイト
m2.jpg

m2−1.jpg


顎の痛み・顎関節症


2015年7月 1日

こんにちわ!受付の佐藤です。

最近は雨の日も多くなり梅雨らしくなってきましたが、
いかがお過ごしでしょうか?

ホワイトニングをしていると、もう少し今より白くしたいと思ったので
より白さを求めて今回は前回のものよりお薬の濃度の高い
DENTRADEという海外製のジェルでホワイトニングしてみました。
(もちろん、たかま歯科で取り扱っています。)

お薬の濃度が高いからか、下の前歯がしみる感覚はありますが
また白くなりました!!

周りの人も、また白くなったね〜!!と
言ってくれるので実際に効果も出ていると感じました。

たかま歯科医院では、歯科医院で行うホワイトニング(オフィスホワイトニング)も
患者様それぞれに合わせてお薬の量を調節をしています。


ご興味ありましたらお声かけ下さい^^



« 2015年6月 | メイン | 2015年8月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

たかま歯科医院 院長 高間悟
たかま歯科医院
院長 高間悟

【経歴】
昭和63年大阪歯科大学卒業
平成4年大阪市西区開院
平成11年6月 当地に開院

■大阪府歯科医師会員
■日本審美学会会員
■日本感染症学会会員
■清歯塾会員
■デンタルルネサンスクラブ会員
■ITI study club 会員
■ビムラー矯正会員
■歯周内科学会員

ホワイトニング