スタッフブログ

スタッフブログ

2017/07/21
歯を抜くときの注意事項〜夏休み・心斎橋・南堀江・四ツ橋・難波・たかま歯科医院〜

 

 

 

 

 

こんにちわ、受付の佐藤です^^

 

 

 

 

 

 

ここ数日、本当に暑い日が続きますよね、、

 

 

 

夏本番!という感じがしてきましたね!

 

 

 

本日は、抜歯をする際の注意について書きたいと思います。

 

 

 

 

親知らずを抜かないといけなくなった・・

むし歯を放っておいて抜くしか無くなった・・等

 

 

 

様々な理由で「 抜歯 」という経験をすることがあります。

 

  

そのときに気をつけて頂きたい注意事項があります!

 

 

 

 

 

・他の病院に通院しているときには・・

 

 

歯科以外の病院にかかっている場合は、抜歯のときに限らず、必ずお伝え下さい。

 

 

他の医院で処方されているお薬の種類によっては、その影響で血が固まりにくいなどの場合があります。

 

 

また、糖尿病、肝臓病などの場合、各医院での連携が必要な場合もあります。

 

 

 

・抜歯の前の日

 

 

とにかくリラックスして体調を整えておいて下さい。

 

 

また、寝不足にならないように注意しましょう。

 

ぬるめのお風呂にゆっくり入ると、リラックスできてさらに寝付きも良くなります。

 

 

もちろん深酒は厳禁です。。笑

 

 

 

 

 

・抜歯の直前には、、

 

 

 

 

抜歯後はしばらく食事ができないので、

抜歯の4時間ぐらい前までにある程度の食事を済ませておきましょう。

 

 

 

あとはリラックスあるのみです。

 

不安があれば気兼ねなく歯科医師やスタッフにお声がけ下さい。

 

 

 

 

・抜歯後の注意事項

 

 

 

抜歯後はしばらくガーゼを噛んで血が固まるのを待ちましょう。

 

 

また、固まった血は(血餅)抜歯したところを感染から守ってくれる役割も

果たしますので、流れしまわないようにうがいは出来るだけ控えましょう。

 

 

また、抜歯当日は安静に、激しい運動、飲酒、喫煙、刺激物の摂取は控えましょう。

 

 

 

・抜歯後の流れ

 

 

 

抜歯後は腫れが続く場合がありますが、2.3日後がピークで、少しずつ治まってきます。

あまりに腫れや痛みがひどい場合には気兼ねなく相談して下さい。

 

 

 

 

 

 

では、また来週更新します^^

 

 

 

 

 

 

 

たかま歯科の親知らずの治療ページへ

 

 

 

 

 

2017/07/18
むし歯は放置してはいけない 〜歯医者・堀江・痛み・歯周病・夏休み・花火・夏祭り〜

 

 

 

こんにちは!!衛生士の浦田です。

 

 

 

3連休はどのように過ごされましたか? 

 

 

 

私はBBQをしました。 

 

 

 

何もしていなくても身体がべたつき、だらけてしまいます。

 

  

 

部屋の中にいても水分補給はしっかりと行わないといけません。

 

 

 

熱中症に気をつけながら夏を満喫しましょう。

   

 

 

むし歯で来ても放置している事はありませんか?

 

 

 

 

痛みがないからと言ってむし歯を放置しては行けませんよ!!

 

 

 

 

① 歯が黒く透けている虫歯

 

 

歯の中で虫歯が大きく広がっている状態です。

 

 

歯の表面は硬いエナメル質でできてますが、エナメル質の一部が虫歯になり歯の中で虫歯が広がります。

  

 

 

歯の中は象牙質でできているので、柔らかくむし歯が広がりやすいです。

 

 

 

歯の中で虫歯が広がり、歯が黒く見えます。

 

 

 

歯の痛みは虫歯が歯の神経の近くまで行かないと、出ないことが多いです。 

 

 

 

② 痛みが無い大きな虫歯

 

 

  

 

大きな穴が空いているのに痛みがない場合は、歯の神経が死んでいる状態です。

 

 

 

虫歯が進行すると、歯の神経に虫歯が到達して痛みが出ます。 

 

 

 

しかし、歯の神経が死んでしまうと痛みがなくなってしまうのです。

 

 

  

 

その後、顎の骨に細菌が入り、歯茎が腫れたり、顎が痛くなったりします。 

  

   

 

このように痛みが無い場合でもむし歯は放置してはいけません。 

 

 

  

むし歯を発見された場合はすぐに歯医者でむし歯を治療しましょう。 

 

 

  

 

 

2017/07/14
たばことお口の病気の関係〜海の日・西区・南堀江・心斎橋・難波・たかま歯科医院〜

 

 

 

 

 

こんにちわ、受付の佐藤です^^

 

 

 

 

 

 

最近、すっごく暑い日が続きますよね。

 

 

 

西日本は梅雨明けしている様子ですね。

 

大阪でもたしかにまとまった雨はもう過ぎたかのような感じですね。

 

 

 

 

熱中症で倒れないようにだけ気をつけましょうね!!

 

 

 

 

 

本日は、「 タバコとお口の病気について 」です!

 

 

 

みなさんもご存知の通り、喫煙はガンをはじめ、さまざまな病気の原因となります。

 

 

 

もちろん、お口の病気も例外ではありません。

 

 

 

 

・むし歯になりやすい!

 

 

 

「むし歯」は虫歯菌によって歯が溶かされる病気。

 

実は、歯は食事の度に虫歯菌によって溶かされています。(脱灰)

 

 

しかし、多少溶けたとしても、唾液の作用により再びもとに戻ります。(再石灰化)

 

 

 

 

つまり、歯の表面は普段から溶けたり、戻ったりを繰り返しています。

 

 

 

しかし、喫煙していると唾液の量が減ってしまうため、溶けた歯を元に戻す機能が低下します。

 

 

 

 

こうして歯が溶ける状態が続くと、やがて治療が必要な状態になってしまいます。

 

 

 

さらに、細菌の塊である「プラーク(歯垢)」は歯の表面についたタールに付着しやすくなるので、

さらにむし歯のリスクが高まります。

 

 

 

 

・細菌が「悪臭」を発生させる

 

 

 

喫煙は唾液の量を減らします。すると口の中が乾燥し、「ドライマウス」と呼ばれる状態を引き起こします。

 

ドライマウスになると、口の中の細菌がどんどん増殖します。

 

 

細菌が増えると口の中がネバネバし、口臭がひどくなります。

 

 

 

つまり喫煙は、煙の匂いだけでなく、口臭そのものを引き起こすのです。

 

 

 

 

・免疫力の低下→「歯周病」のリスクが高まる!

 

 

歯周病は、歯周病菌が原因です。

 

 

 

通常は、免疫機能をもつ「白血球」がこの「歯周病菌」と戦っているため、

症状の進行が抑えられています。

 

 

しかし、喫煙をしていると、この「白血球」の免疫機能が著しく低下。

 

さらにはニコチンにより血管が収縮してしまうため、白血球そのものが運ばれにくくなります。

 

 

 

つまり、喫煙をしていると歯周病になりやすく、さらには治療しても治りがとても悪くなってしまうのです。

 

 

 

 

 

 

 

今回の内容はいかがでしたでしょうか??

 

 

 

 

 

また来週更新しますね^^ 

 

  

 

 

 

 

たかま歯科の歯周病治療のページへ!

 

 

 

 

 

2017/07/11
歯とお口のこと 〜南堀江・歯医者・むし歯・歯周病・海の日・夏休み〜

 

 

こんにちは!衛生士の浦田です。

 

 

 

九州で天災が相次ぎ大丈夫ですか? 

 

 

 

台風、ゲリラ豪雨、地震と日本各地で起こります。

 

 

 

いざという時の備えは1ヶ月に1回確認しないとですね。 

 

 

 

今日は歯と筋肉についてお話しします。

 

 

歯は口の中で食べ物を噛み砕き、すり潰すためにあります。 

 

 

 

乳歯は20本、永久歯は32本からなります。

 

  

 

人の歯は一生の間に一回生え変わる事から二生歯と呼ばれています。 

 

 

 

しかし、大臼歯は一生歯で、新しく生え変わる事はありません。 

 

  

 

大臼歯は一生の間に最も長く使われるため、食生活の影響で反映して歯の溝がすり減り平坦化することがあります。

 

 

 

加齢により徐々に咬耗しますが、歯が破損することはありません。 

 

 

 

溝がすり減ることで菌が溜まりにくくなると考えられています。

  

 

 

著しく咬耗する時は、かみ合わせの異常や歯ぎしりなどの病気が関係している事が多いと考えられています。

 

 

 

この内容は日本歯科医師会のホームページに詳しく記載されています。

 

 

 

よろしければもっと詳しく知りたい方はそちらをご覧下さい。

 

 

 

 

 

2017/07/08
歯を失った後や破折による骨吸収〜台風3号・西区・四ツ橋・南堀江・難波・たかま歯科医院〜

 

 

 

 

 

こんにちわ、受付の佐藤です^^ 

 

 

 

 

 

 

 

今日もニュースで九州北部の災害の報道が流れていましたが、

私の実家も被災地の中にあるので心配になります。。

 

 

 

 

一日でも早い復興を願うしかできないですね。。

 

 

 

 

 

 

今回は、「 歯を抜いた後や破折による骨吸収 」についてお伝えします!

 

 

 

 

まず、骨吸収とは??

 

と、思いになられる方もいらっしゃると思います。

 

 

 

 

実は、歯を失うと、骨が減っていく。ということをご存知でしょうか?

 

 

 

骨と行っても全身の骨が減っていく訳ではありませんが、

 

歯は、歯槽骨(しそうこつ)と呼ばれる骨で支えられています。

 

 

 

実は、歯が抜けてしまうと、残された歯槽骨も少しずつ無くなっていきます。

 

 

 

このように骨が少なくなっていくことを「骨吸収」といいます。

 

 

 

 

 

人間の身体は「使われない部分は衰える」という性質をもっています。

 

 

 

例えばスポーツをされていたかたが、

それを辞めてしまうと急激に筋肉が衰えるのと同じように、

歯を支えている骨(骨吸収)も歯が抜けてしまい、力(機能圧)がかからなくなると、

少しずつ衰えていきます。抜けたままの歯を放置しておくと、

どんどん骨が無くなっていき、口の周りのシワなどの原因にもなりますので注意が必要です。

 

 

 

 

 

あとは、「 歯が折れたり、ヒビが入ると骨が溶ける 」ということもあります。

 

 

 

折れた歯や、ヒビが入った歯をそのままにしておくと、

骨が減ってしまう原因になります。

 

 

これは、折れた部分やヒビが入ったところに細菌が入り込み増殖することで、

これらの細菌が歯を支える骨を溶かしていくからです。

 

 

 

折れた歯や、ヒビが入った歯を見つけたら、放置せずに早めに対処する必要があります! 

  

 

 

 

なにか不安な事があればお待ちしております。 

 

 

 

 

 

 

 

たかま歯科のページへ

 

 

 

  

 

 

 

2017/07/03
歯が欠けた!? 〜歯医者・堀江・むし歯・マウスピース・七夕・海の日〜

 

 

 

こんにちは!!衛生士の浦田です😊

 

 

 

歯が急に欠けた事はありますか?

 

  

 

急に痛みが出て、歯医者さんに行きたくても行けない!!ってこともあると思います。

 

 

 

原因としては ① むし歯で欠けた

       ② 歯ぎしりで欠けた

 

 

この事が考えられます。

 

 

 

むし歯も歯ぎしりも急に起こるものではありません。

  

  

 

日常の生活の中で少しずつ大きくなり、ある日突然欠けてしまうのです。

 

 

 

 

突然欠けたら困ります。

 

 

 

定期的に診てもらう事でチェックしてもらうことで防げる事が多いです。

 

 

 

歯ぎしりの場合はマウスピースを作ります。

 

 

 

 

スポーツしてる際に欠ける事もあります。

 

 

 

 

スポーツ用のマウスピースは保険適用外になりますが、ラグビーなどでは必ず作ります。

 

 

 

 

柔道などでも作成される方が増えています。

 

 

 

  

歯が欠けてしまうと戻る事はありません。

 

 

 

 

予防できる事は健康なうちに始めておく必要があります。

 

 

 

いつでも検査しますのでご相談下さい。

 

 

http://www.takama-dc.com/subject/sportguard.php 

 

 

 

 

2017/06/30
こどもの歯のケア(1歳〜3歳)〜梅雨・夏・四ツ橋・西区・南堀江・難波・心斎橋・たかま歯科医院〜

 

 

 

こんにちわ、受付の佐藤です。

 

 

 

 

今週からいよいよ梅雨本番!という感じの気候になっていますね!

 

 

 

私はカサを忘れないように気をつけて毎日過ごしています!!笑

 

 

 

 

 

今回は、子どもの歯のケアについてお伝え致します!

 

 

 

 

いきなりですが、歯みがきの習慣は一生の財産ですよね^^

 

 

 

 

歯が生え揃い始め、言葉も分かるようになる年頃、

歯を磨く習慣を身につけるには良いタイミングなんです!! 

 

 

 

 

一緒に歯みがきの練習を始めて、親子のスキンシップもはかりましょう!!

 

 

 

 

奥歯が生えてきたら、、(1歳〜2歳)

 

 

 

1歳頃から奥歯が生えてきます。いろいろなものが食べられるようになります。

食べカスがつまったりすることも多いので、より注意が必要です!

 

 

また、奥歯の噛み合う面には複雑な形の溝があります。

 

 

 

ここにプラーク(歯垢)がたまってむし歯になることがとても多く、しっかりとしてケアが必要です。

 

 

 

 

毛先を垂直に立てて、奥から手前にかきだすようにして、みがいてあげましょう。

 

 

  

 

 

 

自分でみがけるようにしよう・・・(2歳〜3歳)

 

 

 

 

自分で理解できるようになり、歯も揃ってきたところで、少しずつ自分で歯を綺麗にする習慣をつけてあげましょう。

 

 

 

 

まずはうがいからスカートして、少しずつブラッシングも練習するようにします。

 

 

 

もちろん、ちゃんと磨くのは難しいので、仕上げみがきをしっかりとしてあげましょう。

 

 

 

 

 

 

☆定期検診を受けましょう。

 

 

子どもの歯はとても弱いため、ほんの少しの磨き残しでもむし歯になってしまうことが少なくありません。

 

 

 

定期検診でむし歯をチェックすると同時に、フッ素を塗ることでむし歯になりにくい環境を作ることができます。

 

 

 

☆「歯医者さん嫌い」にしないで!

 

 

 

「歯を磨かないと、痛くてこわーい歯医者さんに連れて行くよ!」と、

こんな風にお子さんを怖がらせてしまう方がいらっしゃいます。

 

これでは、本当にむし歯になったときに、治療がとても難しくなってしまいます。

 

 

子どもはいつでも本気です。だからこそ、真剣に治療を拒絶されてしまうと、

適切な治療ができないこともあります。過度な恐怖心を与えないようにどうぞご注意下さい。

 

 

 

 

今日も、朝からお子様が通院して頂いています^^

 

 

 

なにか不安な事などありましたらお待ちしております!

 

 

 

 

たかま歯科医院のお子さまの治療ページへ!

 

 

 

 

 

 

2017/06/29
歯磨き粉の選び方 〜歯医者・堀江・四ツ橋・七夕・海の日〜

 

 

こんにちは!衛生士の浦田です。

 

 

 

上半期ももうすぐ終わりですね!!

 

 

 

みなさんの2017年はどのような状況ですか?

 

 

 

良い年にする為に下半期も充実させたいですね😊 

 

 

 

 

歯磨き粉を真剣に選んだ事ありますか? 

 

 

 

知覚過敏がある方にむし歯予防向けの歯磨き粉はおすすめしません。

 

 

 

歯が痛いのに鎮痛剤飲まずに胃薬のむようなものです。

 

 

 

きちんとお口の状況に合ったものを探して使いましょう!!

 

 

 

ポイント① 何に悩んでいるのかを考えましょう。

 

 

① むし歯が多い ② 歯ぐきからの出血・口臭 ③ 茶しぶ ④ 知覚過敏 

 

 

 

おおまかに4つの悩みがあると思います。

 

  

 

例えば、むし歯が多くて悩んでいる場合はフッ素含有の歯磨き粉をおすすめします。

 

 

   

 

歯周病で悩まれている場合は当院ではウェルテックのリペリオをおすすめします。

 

  

  

リペリオには市販の歯磨き粉には入っていない "OIM加水分解コンキオリン" が配合されています。

 

 

 

歯ぐきを引き締めるコラーゲンを増殖させる効果があるので、歯ぐきに弾力を与え歯肉を回復させる働きがあります。

 

 

  

 

リペリオ.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おすすめでない歯磨き粉もあります。

 

 

   

歯磨き粉でつぶつぶ入りはおすすめしません。

 

 

 

歯ぐきの中につぶつぶが入り、歯ぐきに悪影響です。

 

 

 

研磨剤の量が多い歯磨き粉も歯を削る要因のひとつなのでおすすめしません。 

 

 

 

発泡剤が多いと磨いていると思い、実は磨けてない事もあります。

 

 

 

このようにきちんと自分に合う歯磨き粉を使うだけで口腔内の健康を維持されている方もいます。

 

  

 

自分に合った歯磨き粉を見つけられない方の方が多いと思います。

 

 

 

歯医者で相談してみましょう。

 

 

お口の中はその時々で変わるので2、3種類を使われている方もいます。

 

 

 

 

当院でもカウンセリングを行っているのでいつでもご相談下さい。

 

 

 

  

2017/06/23
歯の根っこがむし歯??〜沖縄慰霊の日・四ツ橋・心斎橋・難波・西区・南堀江・たかま歯科医院〜

 

 

 

こんにちわ、受付の佐藤です^^

  

 

 

 

 

 

 

本日は、「 沖縄慰霊の日 」だそうです。

 

 

 

私が九州出身ということもあり、沖縄を身近に感じていたので書きました。

 

 

沖縄戦終結がちょうど6月23日で制定されたそうです。

 

 

 

一般人が大半の20万人が犠牲となったそうです。

 

 

 

今健康で過ごせる事に感謝して、命の尊さを忘れずに過ごしたいですね。

 

 

 

 

さて、今回は根面カリエス(歯の根っこのむし歯)についてお話し致します!

 

 

 

まず、歯の根っこがむし歯になるなんて、、と思いますよね??

 

 

 

根面カリエスとは、その名の通り、歯の根の部分がむし歯になってしまうことなんです!

 

 

歯の上部は「エナメル質」と呼ばれる比較的強い歯質で守られていますが、

歯の根の部分は「セメント質」という弱い歯質になっているため、とてもむし歯になりやすいのです。

 

 

 

 

40代以降&歯周病の方は注意!

 

 

 

通常、歯の根っこは歯ぐきに覆われています。

ですからむし歯の原因となるプラーク(歯垢)もつきにくいので、

根面カリエスにもなりにくくなっています。

 

 

 

しかし、歯ぐきは年齢とともに下がっていきます。早ければ30代後半から歯の根っこが露出し始め、

根面カリエスになる危険性が非常に高くなります。

 

 

また、歯周病によって歯ぐきが下がっている場合はさらなる注意が必要です。

 

 

 

 

 

・被せものをしたところも注意が必要です!

 

 

 

 

「かぶせもの」の治療をした箇所も根面カリエスの注意が必要です。

 

被せものは、制作当初はピッタリできていても、長年の使用などにより少しずつ隙間ができてきます。

 

 

歯の根っこに被せものの境目がある場合、この隙間にプラーク(歯垢)が入り込み、

むし歯になってしまう危険性がとても高くなります。

 

 

 

・治療について

 

 

 

早期に発見できれば、レジンと呼ばれるプラスチックなどを用いて比較的簡単に

治療ができます。しかし、「かぶせもの」をしたところ、あるいはむし歯があまりにも

進行している場所は、かぶせものを作り直したり、神経の除去、あるいは抜歯が必要な場合もあります。

 

 

根面カリエスは自分ではなかなか見つけられないので、歯科医院での定期チェックが大切です。

 

 

 

 

 

 

 

たかま歯科の治療のページへ!

 

 

 

  

2017/06/19
歯ブラシの選び方 〜歯医者・堀江・四ツ橋・七夕・海の日〜

 

こんにちは!衛生士の浦田です。

 

 

 

 

 

父の日は何かされましたか?

 

 

  

 

親が生きているうちにしか親孝行できないので、元気なうちに感謝するようにしています。

 

 

  

 

私は幸せな事に両親ともに健在で病気にもなっていないので当たり前にいると思ってしまいますが、 

 

 

 

 

  

このようなイベントがあると思い出します。

 

 

  

 

みなさんは歯ブラシをきちんと自分に合ったものをお使いですか?

 

 

  

歯ブラシはきちんと合ったものを使わないと歯に合わず傷つける事もあります。

 

 

 

 

 歯ブラシの選び方のポイント

 

① 歯ブラシのかたさ 

 

② 歯ブラシの大きさ

  

 

 

 

① 歯ブラシのかたさ

 

 

歯ブラシは毛先がかたいほどプラークが落ちやすくなります。

 

しかし、あまりに硬すぎると歯と歯の間に入りにくかったり、歯や歯ぐきを痛めてしまいます。

 

基本的には普通の硬さを選びましょう。

 

また、歯肉が腫れている場合は、刺激をあたえないようにやわらかめの歯ブラシがおすすめです。

 

 

 

② 大きさも重要!

 

 

適切なかたさでも、しっかり歯に当たらないのでは意味がありません.

 

小さなお口に大きな歯ブラシでは隅々まで磨く事はできません。

 

反対に、大きなお口に小さなブラシでは時間がかかり磨き残しの恐れもあります。

 

サイズも自分に合ったものを選びましょう。

  

  

   

  

メインの歯ブラシが決まったら、他のフロスや歯間ブラシなど専用の道具を選んで使いましょう。

  

 

 

 

歯ブラシの寿命

 

 

どんなに長くても3ヶ月に1回、ベストは1ヶ月です。

 

 

だんだん弾力が無くなりプラークが落とせなくなります。

 

 

ナイロンの劣化で歯ブラシに細菌が付着しやすくなります。

 

 

 

とても不衛生です。

 

  

 

また1ヶ月で毛先が大きく開いてしまうようであれば、それは力の入れ過ぎなので要注意です。 

 

 

 

 

 

 

  

 

  

 

 

  • 1

月別アーカイブ