インプラント治療-南堀江・四ツ橋・大阪市西区の歯医者・歯科なら「たかま歯科医院」

インプラント治療

自分の歯のような噛み心地を取り戻せる

インプラント治療

インプラント治療とは、失ってしまった歯の代わりに、歯根(歯の根っこ)の代わりとなるインプラント(人工歯根)を顎の骨に埋め込み、その上に人工の歯を装着する治療法です。

従来の『入れ歯』とは異なり固定性であるためガタついたりせず、自分の歯のように噛めるようになります。ブリッジのように、まわりの歯を傷つける心配もないため、口全体の健康という視点でもおすすめできる治療法といえます。

このページでは、当院のインプラント治療についてご紹介させていただきます。

インプラント治療のメリット

  • インプラント治療により、天然の歯とほとんど同じ噛み心地を取り戻せます。
  • 自然な表情や見た目を取り戻すことができ、人前で話す時も気になりません。
  • 噛む機能が回復することで食べ物の制限がなくなり、バランスの良い食事が楽しめます。
  • 楽しい食事をとれることにより、体を健康に保つだけでなく、心までも健康にします。
  • 取り外し式の入れ歯の代わりに、固定式の入れ歯を入れることができます。インプラント上にしっかりと固定されますので、通常の入れ歯のようなズレや食べ物のかけらが入ったときの痛みがなくなります。

歯科用CT(3Dレントゲン):より確実で、安心できる治療のために

外科手術を伴うインプラント治療を行う際、診断はとても重要です。

通常、歯科医院で撮影をするレントゲン(オルソパントモグラフィー)では、2次元的で、顎骨の断面形態は正確に把握できません。当院では、手術を安全、正確に、しかも迅速に行えるように、CT(3Dレントゲン)撮影を行ない、分析、カウンセリングをしています。

インプラント治療

CTの活用により、顎の骨量、骨の厚さ、神経や血管、上顎洞の位置を正確に把握することができ、よりより確実で安心できる治療が可能となります。CT撮影は、連携の医院にて行いますので別途費用が必要です。詳しくはカウンセリングの際にご説明させてください。

インプラント治療の流れ

1. 診断と治療計画

インプラント治療 レントゲンなどによって精細な診断をした後、インプラント治療に関するご説明をさせていただきます。インプラント治療は、専門のトレーニングを受けた歯科医師のみが行いますので安心です。

2. インプラント手術

インプラント治療 局所麻酔をした後、チタン製の小さなネジのような形状のインプラントを顎の骨の中に埋め込みます。

3. インプラントと骨がくっつくのを待つ

インプラント治療 インプラントと骨がしっかりとくっつくまで約6~24週間待ちます(骨の状態など、さまざまな条件により期間は異なります)。この期間、一般的にはインプラントの上に仮歯を入れておきます。

4. 骨の装着

インプラント治療 ストローマインプラントの場合、この段階で人工歯を取り付けます。手術2回式のインプラントの場合は、この段階でもう一度手術してインプラントの頭を出さなければなりません。インプラント治療の終了後は、ホームケアが重要です。正しい歯磨きと半年に一度の定期検診をお願いします。

インプラント 治療費

1本40万円(上部構造体含む)
GBR【骨造成】5万円~(口腔内状態により)