マタニティ歯科-南堀江・四ツ橋・大阪市西区の歯医者・歯科なら「たかま歯科医院」

マタニティ歯科

マタニティ歯科とは

マタニティ歯科とは、単に妊婦さんの虫歯の治療を行う歯科ではありません。

妊婦さんの口腔内を健康に保つことで、 妊婦さんのお体の健康・母子ともに安全な出産・生まれてくるお子様の口腔内の健康を支えることを目的としています。

妊婦さんの健康はもちろん、これから生まれてくる大切な赤ちゃんのためにも、 お口の中を健康な状態に保ってみませんか?

※診察の際には母子手帳をお持ち下さい。

マタニティ歯科の重要性

妊婦さんはお口のトラブルが起きやすい

妊娠中はエストロゲンという女性ホルモンが増加し、 お口の中が敏感になる為、歯茎などの炎症が起きやすい時期です。

加えて、つわりによりきちんと歯磨きができないかったり、 食事を小分けにして食べたりといった生活習慣が歯周病のリスクをさらに高めます。 妊娠中は少量のプラーク(歯垢)が残っているだけでも歯肉炎・歯周病になりやすい状態にあります。

お口の中が清潔に保たれていれば、このようなリスクは生じません。 プラークは、歯ブラシで磨くだけでは取り切ることができず、歯と歯の間や、歯周ポケットに残ってしまいます。 そのため、妊婦さんは歯科医院で早め早めに健診・クリーニングを受けることが大切です。

歯周病は早産のリスクを高めます

もしも妊婦さんが歯周病になってしまった場合、歯周病菌が 陣痛や子宮筋に対して強い収縮を促す「プロスタグランジン」というホルモンを促進させます。 結果、早産の可能性が高くなってしまいます。

歯周病は自覚症状がなく進行します。歯が揺れる・歯茎が痛い・膿がでる、 といった症状が出た場合はすでに重症化しています。
自覚症状がなくとも、お腹の赤ちゃんの為・安全な出産のために、 歯科医院での健診をおすすめしています。

お母さんの虫歯は、赤ちゃんに伝染ってしまいます

虫歯とは、人から人へ伝染る感染症です。
生まれたばかりの赤ちゃんの口には虫歯菌がいません。

周囲の方の唾液などによって、虫歯菌が感染し虫歯になります。 食事中のお箸やスプーンを赤ちゃんと共有したり、お皿やコップを共有したり、 キスをするなどスキンシップをしたりといったことは、お母さんならごく自然に行うことでしょう。 子育ての際にこういったことを一切行わないのは、現実的ではないと思います。

そのため、お子様と最も一緒にいる時間が長いお母様の口腔内に虫歯がなく、 また清潔に保っておくことがお子様の虫歯予防において重要なポイントです。 出産前の安定期に、お母さんの虫歯治療や口腔内のクリーニングを行うことで、 出産後に赤ちゃんが虫歯になるリスクを減らすことができます。

マタニティー歯科で行うこと

健診

なんらかの歯科疾患が見つかった場合は、治療をご提案いたします。
歯科疾患が見つからなかった場合は、 健康な口腔内を保てるよう定期的なクリーニングや自宅で出来る口腔内ケアをご提案します。

虫歯治療

妊婦さんの歯科治療に適しているのは安定期である5ヶ月~8ヶ月目です。
妊娠初期・妊娠後期の方は無理のない範囲で応急処置を行っていきます。

歯周病治療

歯周病の治療には、プラークと歯石の除去がなにより大切です。
プラークや歯石は知らず知らずのうちに発生し、細菌の住み家になります。
また、歯茎が引き締まり、歯周ポケットが減るように治療を行っていきます。